ホームベーカリーで作るブロッコリーのパン

ライフスタイル

フードプロセッサーやミキサーを使わない手抜き仕様のレシピです。
ブロッコリーはあまり刻まなくてOKで、
細かくつぶす作業はホームベーカリーの捏ねる力に頼ります。

使用したホームベーカリー:パナソニック SD-BH103「早焼き食パン」コース

材料

  • ブロッコリー:茹でた状態で150g(下記参照)
  • 強力粉:280g
  • オリーブオイル:5g(バター、サラダ油等でも、無しでもOK)
  • 砂糖:大さじ 2杯(17g)
  • スキムミルク:大さじ 2杯(12g)
  • 塩:小さじ 1杯(5g)
  • 水:130ml(下記参照)
  • ドライイースト:小さじ 1杯(3g)※

【ブロッコリーと水の量】
それぞれ、分量きっちりでなく少し前後してもOKです。
数回、分量のパターンを変えて試してみましたが上記の配分がベストでした。
ホームベーカリーの機種やブロッコリーの状態によっても適度が変わると思いますので、心配な場合は捏ね動作中に生地をチェックしてください。

ちなみに茹でたブロッコリーが100gの場合は水の適量は140mlでした。

※【ドライイースト】分量は各ホームベーカリーの説明書に記載の量と同じでも大丈夫だと思います。私の場合、ホームベーカリーの説明書には「4.2g」と記載されていますが計量が面倒なので「3g小分けパック」のドライイーストを使っています。

手順

1)ブロッコリーを切って少し柔らかめに茹で、冷ましておく

【切り方】普通のブロッコリー
ひと房ごとに切り分けて、ひと房をさらに縦2〜3分割。
太い茎の部分は1cm角程度に切ってください。

【切り方】茎ブロッコリー(上の写真)
2cm程度の長さに切ってください。

『柔らかく茹でるには、水を入れて茹でるのがおすすめです』
少量の水で加熱する電子レンジ方式はやや固めに茹ってしまうので、電子レンジを使う場合もブロッコリーが浸るくらい水を入れて加熱し、数分間沸騰させて茹でててください。
●電子レンジ使用の目安
:650W・8〜9分、または「ゆで野菜コース」を使用。

2)ホームベーカリーに材料を入れて、スイッチON

各材料の投入順はホームベーカリーの説明書に従ってください。
ブロッコリーは最後の方に入れてください。

3)生地のチェック

途中で蓋を開けるのはあまり良くないので短時間でチェックしてください。

『チェックはドライイースト投入後で』
ドライイーストを途中で投入するタイプのホームベーカリーは、ドライイーストが投入され、さらにしばらく捏ねた後にチェックしてください。

写真のように生地がまとまっていればOKです。
まとまりが悪い場合は水を10ml程度ずつ入れながら様子を見てください。
投入した水はハネやすいので要注意です。投入後はすぐ蓋をしてください。

写真よりも生地が少し柔らかめでも大丈夫です。少し柔らかめ・しっとりめのパンになります。

焼き上がり

ブロッコリーは細かく跡形がなくなり、
全体的に淡いグリーン・黄緑色のパンになります。

ブロッコリーの味はほとんどしませんので、
色合いを楽しんだり、野菜の栄養をプラスしたいときにいかがでしょう。


※ホームベーカリーの機種によっては推奨されない使い方をしています。
故障の原因になるかもしれませんので十分ご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました