派手色ブーツをDIYで黒くしようとした記録(ちょっと失敗)

ライフスタイル

長く履けるはずが、色が好みと離れてしまったブーツ

「手入れをしっかりしてずっと愛用しよう!」
と思って何年も前に購入した
ビルケンシュトックの赤茶色のブーツがあるのですが
数年前から色味に派手さを感じるようになってしまい、
今年の秋冬はついに一度も履きませんでした。

このままだと来年も恐らく出番なし。
傷みはなく状態的にはまだ履けるのでメルカリに出すことも考えましたが
購入額を思い出すともったいなくて決心がつかず、、
ちょっと悪あがきをしてみることにしました。

お金をかけずに、、手持ちの靴クリームでDIY

あまり生活に余裕がないので 苦笑
なんとかお金をかけずに色を変えれないものかと考えた末、、
家に有り余っている黒の靴クリームを塗ってみることにしました。

使ったのは別の靴を購入した際にサービスで貰った
「コロンブス・コロペット」です。
(100均でも売られているもののようです)

ムラになって失敗し、履けなくなることも考えましたが、
このままの色でもどうせ履かないので同じこと?と思い、いざ実行。

最初の一歩は「引き返す」ことも考えて目立たない内側から始めてみました。
・・思ったより色が浸透しない感じ?雲行きが怪しい。

靴クリーム塗布前・塗布後 色の変化の比較

思ったより染み込みが悪かったので
塗布→乾燥→軽く拭き上げ→2回目塗布→乾燥→仕上げ
と、塗布を2回繰り返しました。

途中まで塗った状態の比較
片方ずつの比較(右側が塗布後)

色の変化としては
明るめの赤茶色→濃いめの茶色 程度でした。
焦げ茶色を目指したかったですが、
3回目の塗布を仕掛けた際にほとんど色の変化がなかったので2回でやめました。
この写真でも、爪先付近の色ムラが気になります。。

結果、ちょっと失敗した

上記の写真(屋内で撮影)でも
つま先付近の色ムラが少し気になりますが、
屋外で見るともっと顕著でした涙

窓際で撮影

左足のつま先に特に色が入らず、ここが一番失敗した感じです。
一応塗布前に普段の手入れで使用していたワックス等を落とそうとクリーナーを使いましたが、あまり意味がなかったのかもしれません。

また、シワの部分は色がよく入ってより暗い茶色に。

よく言えば『履き込んで味が出たブーツ』

悪く言えば『履き潰して薄汚れたブーツ』

といった感じでしょうか。。

色的には派手さがやや落ち着いたので延命に成功、
来年秋が来たら履くつもりでおりますが、
きれい目の服装には合わせにくくなったかもなあ〜と思ったりしています。
それと見方によっては古めかしいブーツに見えるので
行き先によっても履かない方がいいかもしれないですね;;


コメント

タイトルとURLをコピーしました