【購入品紹介】MacLab. USB Type C ハブ USB3.0×3 LANアダプター

Mac

Macbook Pro 2019をLAN接続するために購入しました。
LANケーブルの他にUSB接続機器(マウス・USBメモリ・外付けハードディスク)も同時に接続することが多いです。発熱は多少ありますが、今のところ最も高温だと思ったときでも「あったかいな〜」くらいであまり気にしていません。購入して2ヶ月が経ちますが動作は問題なく安定しています。

↓商品参照リンク

MacLab. USB Type-C ハブ LAN 変換 アダプタ USB3.0 × 3ポート HUB USBC RJ45 拡張アダプター ブラック アルミ 有線LAN adapter イーサネット 10/100/1000 ギガビットネットワーク伝送 変換 ケーブル BC-UCUL2BK
MacLab. USB Type C ハブ USB3.0×3 LANアダプター ブラック BC-UCUL2BK 有線LANポートのないUSB Type-C搭載の薄型パソコンなどから有線LANを利用するためのアダプタです。 USB Type-Cのパワーを活かした高速ギガビットイーサネット対応(1000Mbps)、...

取り回しという観点では「ケーブル付き」という点で場所を取る・邪魔になる感があり、やっぱりケーブル無しのが良かったな〜と思うところもありますが概ね満足しています。

なぜ「ケーブル無しタイプ」を買わなかったか

実は最初はケーブル無しのタイプを購入していました。

USB-C2口同時に差し込むタイプのドッキングステーション・ハブを探し、ちょうど良さそうなものがあったので購入。。

イメージ画像です

が、、MacbookのUSB-Cの位置とドッキングステーションの端子の位置が微妙に合わず、差し込めませんでした(髪の毛1本分くらいのズレ)

通販サイトの商品説明には「Macbook pro 2018用」と記載してあり、→2019にも使える、と安易に考えて購入したのですが、USB-Cの位置が微妙に違うとは知りませんでした;

その後検索してもなかなか「2019用」を見つけられず、急いでいたのと返品手続きで疲れてしまったこともあり大人しく断念して、確実に差し込めるであろうケーブルありのハブを購入することにしました。

返品はできたので良かったですが返送料390円はちょっと痛かったです。周辺機器選びで自分勝手な判断はダメですね;

コメント

タイトルとURLをコピーしました