Illustratorで、かすれたスタンプ風・ラフな印刷風に文字を加工する

DTP・デザイン

「パターンスウォッチ」を使う方法です。

印刷会社に入稿の際、パターンスウォッチの使用が禁止されている場合は、
パターンスウォッチを使用しているオブジェクトに下記1や2のような処理を行い、
パターンスウォッチを削除する必要があります。
  1. 「アピアランスを分割」+「分割・拡張」処理をする
  2. 「ラスタライズ」して画像状態にする

上記のように用途によっては作成後にもう一手間かかる点、また、データが少し重めになり、色の変更ごとにその色のパターンスウォッチが必要になるなどマイナスな点もあるのですが、後でテキストの打ち変えをしたり、文字数を変更する可能性がある場合は便利かなと思います。

他の方法でも似たような効果・表現を得られると思います。
ご自身に合う方法をいろいろ探してみてください。

環境:MacOS Sierra/Illustrator CS6

手順1. 文字にかすれた風合いを出す

最初に “かすれ” を表現するための粒状のオブジェクトを作成します。


「アート_木炭・鉛筆」ブラシでラインを引き「アピアランスを分割」。
残ったライン部分は削除。

そのままだと粒状のオブジェクトが横長がちなので、
スタンプのかすれっぽくなるように少し幅を狭めます。

次に、作成した粒状のオブジェクトで「パターンスウォッチ」を作成します。

適度な大きさの正方形を作り、先に作成した粒状のオブジェクトを上に置く。
大きめの “粒” は削除しておく。
回転させたりして並べ、ランダム感を保つ。

正方形の範囲からはみ出るオブジェクトを削除する。多少残ってもOK。

残した粒状のオブジェクトを選択して「複合パス」を作成。

正方形と粒状のオブジェクトを選択して「前面オブジェクトで型抜き」

型抜き後のオブジェクトを選択して「スウォッチ」ウインドウにドラッグ。

出来たパターンスウォッチをテキストの塗りに適用すると、かすれた感じになります。

手順2. 文字の輪郭にラフ感を出す

「アピアランス」ウインドウで、線を追加(丸型先端、ラウンド結合)

追加した線に新規効果「ラフ」を追加。

線の色を粒状のパターンスウォッチと同色にして完成です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました