イラストレーターでよく使うショートカット【作業効率UP】

DTP・デザイン

チラシのデザインや、イラスト、グラフィック作成などで頻繁に使うキーボードショートカットをご紹介します。

作業環境:Mac/IllustratorCS6/カスタマイズなし

※Windowsご利用の場合は「command」を「Ctrl」に、「option」を「Alt」に置き換えていただければ、そのまま使えるのではないかと思います(間違ってたらすみません;)

表示の操作

カーソルを「手のひらツール」にする

スペース

カーソルの位置に要注意
オブジェクトを選択した状態でも大丈夫ですが、テキスト選択では『反転表示時や入力中の状態』だと一瞬でスペースが大量に入ってしまうので要注意です。やってしまうと割と慌てます。

ズームイン・アウト

ズームイン(拡大表示)

command

shift

;


(shift+「;」=「+」)
または

command

+ テンキーの



ズームアウト(縮小表示)

command


または

command

+ テンキーの

ガイドの表示・非表示

command

;

定規の表示・非表示(定規:上と左側)

command

R

オブジェクト選択時の境界線の表示・非表示

command

H

(バウンディングボックスのみの表示に切替)パスが複雑なイラスト等を選択して、配置位置を動かしながら色や形のバランスを見たい場合に境界線が邪魔になるのでよく使っています。

アウトライン表示/プレビュー表示 切り替え

command

Y

素材サイト等、外部からのイラストで繊細な描画のものは、見た目や想像よりもパスの構造が複雑な場合やパス全体が広範囲に渡っている場合があるので、イラストの形状を少し変えたいときなどの事前チェックに使ったりします。

オブジェクトの操作

選択したオブジェクトをロック

command



すべてのオブジェクトをロック解除

command

option


※自分の場合、指の位置がなぜか苦手でロック解除のショートカットは全く使いません;

複数選択したオブジェクトのグループ化

command

G



グループ解除

command

shift

G

オブジェクト全選択

command

A

オブジェクト選択解除

command

shift

A

直前の操作を繰り返し

command

D


コピーペースト(同じ距離移動させながら複数コピペ等)でよく使います。

選択したオブジェクトを最背面・最前面に移動

最背面に移動

command

shift

[



最前面に移動

command

shift

]

※「shift」無しにするとそれぞれ1つ背面・前面に移動します。

オブジェクトを垂直/水平/45°に移動

shift

を押しながらドラッグ

垂直/水平/45°に移動&コピペ

shift

option

を押しながらドラッグ

クリッピングマスク

クリッピングマスクを作成

command



クリッピングマスクを解除

command

option

テキストの操作

テキストの改行位置・揃え

それぞれテキストまたはテキストボックスを選択した状態で

右揃え

command

R



左揃え

command

L



中央揃え

command

C

テキスト(フォント)をアウトライン化

テキストまたはテキストボックスを選択した状態で

command

shift

O

(オー)

おまけ

【超多用】直前の操作の取り消し・やり直し

取り消し

command

Z



やり直し

command

shift

Z

ちなみに、バージョンCS6での戻れる回数(取り消し可能な回数の上限)は200です。

俗称『コマンドZ』。麻薬のようなショートカットで、実生活でも何かを間違えたときに脳裏をよぎります。例えば料理の手順を間違えたり、車で道を間違えたりしたとき、心の声:「コマンドZ…あ、戻れないんだった」という具合です。

新規ドキュメント(ファイル)作成

command

N

『部分的に細かい作業をしたいときに』
チラシを作成していて、イラストや装飾の部分だけで細かい操作をしたいなというとき、チラシのファイル上だと他の部品が邪魔になったりメモリに負荷がかかる(強制終了しやすくなる)気がするので、新規の別ファイルにその部分をコピペして作業します。意外に出番が多いショートカットキーです。


頻繁に使うのに載せ忘れているものがあるかもしれません。
ショートカットは脳よりも身体が覚えている感じで、いざ何も無しで思い出そうとするとパッパと出てこなかったのでこのブログも実際にイラレで作業しながら書きました。
思い出したら追記しようと思います。

『ショートカットキーはたくさん覚えるほど効率が上がって便利』
ですが逆に使い慣れないショートカットを無理に身体に叩き込もうとすると作業効率が下がることもあります。例えば自分の場合はツール切り替え(例…選択ツールに切替:「V」キーのみ押下など)は全く使いません。イラレはただのソフトウェアですが、茶道や華道のように人によって流儀があり、面白いなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました